勇の正体 | Wonderful Dogsの保護犬情報

勇の正体

家族募集中の勇です。

i.jpg

元々甘えん坊ですが、今年春頃から甘えん坊がレベルアップしました。
それまで
「すみません、撫でてください…」
という感じだったのが、
「僕を見たら撫でずにはいられないだろう! さあ、撫でて!」
という感じになりました。
自分は可愛いと自信を持ち始めたようです。


そんな勇、預かり宅の飼い犬の犬種鑑定をするついでに、一緒に鑑定してみました。
 ※ Wonderdul dogsが保護活動費を使って犬種鑑定をする事はありません。

このブラシで頬の内側の粘膜を採取して、検査機関に郵送します。
c.jpg

申し込み→検査キット郵送→検査キット返送→仲介会社からオーストラリアへ郵送→鑑定→オーストラリアから仲介会社へ郵送→鑑定書郵送 なので時間が掛かります。
で、申し込みから1ヶ月ちょっと待って、ようやく勇の正体を知る時が来ました。

た だ し !
海外の研究所での鑑定ゆえに、和犬のデータに乏しい現状があります。
海外でも認知度の高い秋田犬や柴犬などのデータはありますが、北海道犬や四国犬、甲斐犬などのいわゆる「日本古来犬」のデータは乏しく、鑑定犬に日本古来犬種が多く含まれていた場合「Mixed Breed」(骨マーク)が多くなることがあります。
との事なので、それを念頭に置いて見てみましょう。


どれどれ。
h.jpg

おおっ?
もっとぐちゃ混ぜかと思っていましたが、意外とシンプルな系図です。
*マークがついているのは、検出されたけどもしかしたら違うかも…というやつです。

3世代前

秋田犬 秋田犬 日本スピッツ 日本スピッツ 柴犬 柴犬 イングリッシュ・セッター? 不明犬種


2世代前

秋田犬  日本スピッツ   柴犬  イングリッシュ・セッターMIX


1世代前

秋田犬×日本スピッツMIX   柴犬×イングリッシュ・セッターMIX



成程。
勇は秋田犬と日本スピッツと柴犬のクォーターだったのですね!
そしてまさかのイングリッシュ・セッターのエッセンスが少し。
毛色から「ラブラドールが入ってる?」と聞かれた事が2回ほどあったのですが、ラブラドールは入っていませんでした。
「Mixed Breed」が日本古来犬種だとすれば、勇はやはり日本犬の血が非常に濃いと言えるでしょう。


秋田犬と日本スピッツと柴犬とほんのりイングリッシュ・セッターを同時に味わえる美味しい男 勇、本当のご主人様をお待ちしています!

g.jpg









多くの方に保護犬たちを知っていただけるよう、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング