シニア卒業犬~まる~ | Wonderful Dogsの保護犬情報

シニア卒業犬~まる~


『シニア保護犬を応援し隊! 2015夏
ワンコを迎えるなら子犬からと思っていませんか?
シニアを家族に迎えるシアワセ♪ 里親さんに聞いちゃいました!』


昨年、ご好評いただきました シニア保護犬 PR強化月間
今年もまたやっちゃいますよ~

卒業犬からのお便り、続々と届いております

リンク・シェア大歓迎です
その際、上記青字の文章を記載(貼り付け)してから、リンクをお願いいたします。

シニア保護犬PR 強化月間についての詳細は下記ページをご覧ください。
http://wonderfuldogs.blog118.fc2.com/blog-entry-2896.html
ご協力よろしくお願いいたします。

シニア卒業犬からのお便り まずヒトリめ トップバッターはまるちゃんです 

maru.jpg


1、里親になった子の自己紹介お願いします(^^)

名前は「まる」トイプードルの女の子です。
繁殖業者の元で、繁殖の道具として使われていましたが
2013年11月に、推定年齢7歳でWonderful Dogsさんに
助け出していただき、2014年1月に、我が家に来ました。
現在、推定8歳です。

今までの苦労を全く感じさせないくらい 逞しく、明るく、そしてものすごくマイペースな子です。

2.シニアの里親になって困った事、大変だった事、

まるは多飲多尿だったので、トイレの回数も多く それこそ、ほんの数分おきにオシッコをしていたので
トイレのタイミングや、その気配を把握できるようになるまでは「大人(成犬)なのに、そんなにするのかー?!」と、
結構、戸惑いました(笑)

我が家は共働きで、留守番時間が長いのですが ケージでお留守番をしてくれている間に
オシッコをして、その後ウンコをして またオシッコをして、その時にウンコを踏んづけて、そこで寝て・・・

私が帰宅をすると、まるが全身、糞尿まみれで ニコニコして待っている事が、頻繁にありました(笑)

でもこれは、犬がトイレを覚えるまでは飼い主として、誰もが通る道だよね~!
という程度の”大変さ”です(笑)

他には、体の事は、色々と不安定な部分があり 健康で、何も問題もないワンコに比べたら
なるべく健康な状態を維持してあげるための費用の面で、 多少大変です。

でもこれも、シニアだから大変というわけではなく 若くてもシニアでも、
病気になったり怪我をしたりはありますし どんなワンコも同じ大変さがあると思います。

そして、困った事はないです!

激しく動き回ったり、イタズラすることもなく 環境が変わっても、上手に生活に馴染んでくれました。

というわけで 我が家は、シニアの子の里親になりましたが
シニアだからといって大変なことはなく、困った事もなく暮らしています。

3、シニアの里親になって嬉しかった事、感動した事、何でも教て!

何年も閉じ込められて、糞尿まみれの生活をしていたのに
トイレを覚え始めて、トイレに誘導しなくても 自分からトイレに向かう姿を見た時は
本気で感動したし、嬉しかった!

あとは、初めは皮膚炎もひどく 毛が薄かったり禿げたりしていたのに
時間の経過とともに、全身の毛がフサフサに生えて来て
シャンプーだけではなく、カットまで必要になった時は
普通の犬になったなー!と、ものすごく嬉しかった!

手から食べ物をもらう事を覚えてくれた時も嬉しかったし
日々、嬉しい事や、感動する事が沢山あって、書ききれないです!

4、これから里親になろうと思ってる方にメッセージをお願いします!

私は自分で まる を迎えるまで 成犬だと懐かないんじゃないか、とか
シニアだと、すぐに亡くなってしまうし 犬のプロじゃないと、飼うのは難しいんじゃないか・・とか
保護犬に対して、マイナスのイメージもあったし 保護犬を引き取る自信もありませんでしたが・・・

でもそれは、全て勘違いだったし、間違いでした!!

シニアでも、新しい飼い主・環境を受け入れて 成犬でも懐いてくれます!

シニアのワンコは 確かに子犬に比べたら、残された犬生は短いかもしれないけれど
若いワンコであっても、シニアのワンコであっても
残された寿命の長さは、誰も知る事はできないんですよね。

どんな年齢のワンコであっても 今、一緒にいられるこの時を、大事にしてあげることしかできない。
だから、シニアだからといって 残された時間を気にすることは無いんだと気がつきました。

保護された子達は 決して幸せな暮らしをしていた子達ではないと思います。

人間に嫌な思いをさせられていたり、苦労している子が多い・・・。
家庭犬なら、当たり前の生活が、当たり前ではなかったから
ただ、ご飯が食べられて、喉が渇いたらお水が飲めて
落ち着いて眠れる寝床があって、のんびりお散歩をしたり

そばには自分の本当の飼い主がいる

ただただ、家庭犬として当たり前の生活ができれば それだけできっと幸せなんです。

だから、犬のプロでなくても 迎えた子を大事にしてあげられれば、それで良いんだと思います。

私は、まるに出会えて良かった!

まるが来てから
毎日、普通の生活が送れることが、本当は当たり前の事じゃないんだよ!と、まるに教えてもらいました。

毎日が楽しい!当たり前の毎日が幸せで、ありがたい!!

この子たちが強いられてきた今までの事を思えば どんなことがあっても、大した問題じゃない!

一生懸命に生き延びて 我が家に来てくれた、大切な まるですから
これからの時間、大事にしてあげたいと思います☆(≧∀≦*)ノ

保護犬と一緒に、皆で幸せになりましょう!!

maru2.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在も 赤い糸の先を待っている保護犬たちがたくさんいます。

ワンドクシニア保護犬で家族募集中の子
ロンダ(キャバリア 11歳) 東海地区

ラキ(ヨーキー 推定8~10歳) 東京都中野区

トシ (トイ・プードル 推定7~8歳) 東京都三鷹市

ディタ(ポメラニアン 推定8歳)  東京都港区

アンジュ (トイ・プードル 推定6~8歳) 埼玉県

ロキシー(パピヨン 推定7~8歳) 東京都練馬区

ネオ (トイ・プードル 推定6~8歳) 埼玉県さいたま市

ポプリ (トイ・プードル 推定6~8歳) 埼玉県川口市

茶太郎 (キャバリア系MIX 推定9~10歳) 埼玉県蕨市

博士 (チワワ 推定10歳) 埼玉県

サワ (トイ・プードル 9歳) 埼玉県

"緊急募集 黒ラブ (黒ラブ 推定10歳~) 埼玉県


ワンドクだけでなく、他にもたくさんの保護犬たちが 新しい家族を待っています。
どうかお近くの保護団体さん 愛護センター 保健所 などに目を向けてみてください。

それでは第2弾をお楽しみに


多くの方に保護犬たちを知っていただけるよう、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング